検索エンジンスパム 誘導ページ

公開日:2013年9月18日
 最終更新日:2013年9月19日

誘導ページとは、特定のサイトにユーザーを誘導したりすることを目的にして、それ自体はあまり情報を提供していないサイトことです。

Google ウェブマスター向け公式ブログでは、次のようなサイトを誘導ページとしています。

  • 品質の低いコンテンツに、特定サイトへのリンクを張ってユーザーを誘導しているケース
  • 地名以外はほとんど同じのページを量産しているケース

こういった事を行うと、検索エンジンからガイドラインに違反しているとしてペナルティを受けます。

どうやって判断するのか

メインサイトへのリンクを目的とした中身の薄いサテライトサイトも誘導ページに相当します。

ブログ記事「誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です」を掲載しました。 – Google グループ

このスレッドでは、誘導ページの判断基準も示されています。利己的な動機のみで作られたサイトはアウトということです。

ブログ記事の中で
ウェブマスターの方々の中には、ここまでの説明を読んで、実際ご自身の管理しているページに誘導ページに該当するものがあるかどうか、気になる方もいらっしゃることでしょう。その場合、検索エンジンがなかったとしても、そのようなページを作ったかどうか、考えてみてください。Google ではあくまでユーザーにとってそのページを訪れる価値があるかという観点から判断をおこなっています。本当にユーザーのために作られたページと、検索エンジンからの誘導のみを目的としたページとでは、手のかけ方に大きな違いがあることを Google は認識していますのでご安心ください。」

とご紹介していますように、検索エンジンからの誘導にフォーカスするのではなく、あくまでユーザーにとって独自の価値があるサイト、ページを提供することを考えていただければ、それがすなわち「誘導ページにあたらないサテライトサイト」と言えるかと思います。
どのようなサイトなら問題ないか、というよりも常に良質なコンテンツを持つサイトを作るよう心がけていただければと思います。

利己的な動機のみで作られたユーザーに利便性を提供しないサイトはアウトということです。

具体的な回答ではありませんが、実際に作ってみれば分かることです。ペナルティを受けたらそのサイトは誘導ページなのだと我が身をもって知ることができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ