ツールに埋め込まれたスパム – 安易な利用に注意

公開日:2014年11月27日
 最終更新日:2014年11月27日

ネットでは様々なサービスが提供されています。Google Analyticsのように完全無料なサービスがある一方でAhrefsのように有料なものもあります。

これらのサービスの中には無料の代わりにリンクや広告を埋め込むタイプがあります。

例えば、アクセス解析のi2i忍者アクセス解析は無料でサイトのアクセス解析が使える代わりにサイトの一部に広告が表示されます。

PCだと画面の片隅に小さく表示されます。アクセス解析

 

これらは利用時に説明されるのでユーザーはサイトに広告が載るのを知った上で利用します。

ところが無料ツールの中にはこういった説明をせずにリンクを埋め込むようなツールがあります。

ツールのソースにリンクURLが埋め込まれており、ユーザーが無償で使えると思っていたら、ツール提供者のSEOにいつの間にか利用されているケースです。

こういったリンクを設置してしまうと検索エンジンスパムに加担していることになります。そのままにしておくと見に覚えのないまま、検索エンジンからインデックス削除などのペナルティを受ける恐れもあります。

みんなが使っているような有名なツールを使うときはこういった恐れはまずありません。しかし、利用者が少なそうなツールと使うときはソースコードをザッと眺めて変なリンクがないかチェックするようにしましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ