ウェブマスターツールの使い方

公開日:2014年4月1日
 最終更新日:2014年4月1日

ウェブマスターツールは、Googleが無料で提供しているサイトを管理するためのツールです。ウェブマスターツールにサイトを登録することで、Googleがそのサイトをどのように認識しているのかを知ることができます。

ウェブマスターツールの主要な機能は次のとおりです。

  • ページのインデックスを促すためにサイトマップを送信できる
  • 管理サイトがGoogleにどの程度インデックスされているのか確認できる
  • 内部リンクや被リンク状況を知ることができる
  • 管理サイトが検索結果に表示された時の検索クエリを把握できる
  • ペナルティを受けた場合、受けたことを知らせるメッセージを受け取れる
  • クロールエラーなどの問題の発生を知ることができる

効率よくサイト運営を行なうのに役立つツールなのでぜひ導入しましょう。

ウェブマスターツールを導入する

そして、ウェブマスターツールを導入したらまずはサイトマップを送信しましょう。

サイトマップを送信する方法

基本事項

ウェブマスターツールの基本事項を紹介します。どんなことができるのかを把握しましょう。

ウェブマスターツールを導入するメリット

ウェブマスターツールの機能一覧

ウェブマスターツールにはいろいろな機能がありますが、全ての項目を毎日チェックする必要はありません。

日常的にウェブマスターツールで確認すべき項目

サイト改善

ウェブマスターツールから得られたデータはサイト改善に活かせます。例えば、ウェブマスターツールで把握できる検索クエリからは、ユーザーがどのような情報を求めているのかを伺えます。それに対応するページを用意することでユーザーを呼び込むことができます。

検索クエリのデータをサイト改善に活かす

Google Analyticsの代わりにウェブマスターツールでキーワードを取得する

また、被リンクの調査はSEOを行なう上で欠かすことができません。

「サイトへのリンク」で被リンクを調べる

Fetch as Googleを使うと素早くインデックス登録を促すことができます。

Fetch as Googleでインデックスの登録を促す

問題解決

ウェブマスターツールで確認できた問題にはすみやかに対応しましょう。

手動による対策でペナルティを確認する

再審査リクエストを送ってペナルティを解除する

メタデータとタイトルタグの問題に対処する

クロールエラーに対応する


下のサイトではこの他にもウェブマスターツールに関するトピックスを紹介しています。一度目を通しておいてはいかがでしょうか。

なるほどGoogleウェブマスターツール – WMT入門サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ