積極的に発リンクをしよう

公開日:2014年6月11日
 最終更新日:2014年6月11日

SEOを覚えたばかりだと発リンクに抵抗を感じるでしょう。ユーザーを他のサイトに渡したくない、リンクジュースを流したくないなど。

発リンクのメリット

しかし、発リンクは積極的に行ないましょう。発リンクには次のようなメリットがあります。

信頼性の向上

自分の考えを補強するサイトを参考ページとして紹介(発リンク)すると、「他のサイトも同じような事を言っているから信頼性が高いかも」とあなたのサイトの信頼性が上がります。

ネットの情報は玉石混交です。全てのユーザーがあなたの情報を信頼するわけではありません。他サイトの同意見のページを紹介することで、ユーザーのあなたに対する信頼は高まります。

相互リンクが期待できる

発リンク先がお返しにリンクを貼り返してくれることがあります。

発リンクはユーザーのためもなる

検索エンジンはユーザーの役に立つことを評価します。有益な情報をユーザーに提供できれば、検索エンジンの評価が上がるからです。ユーザーは使えない検索エンジンに見向きもしません。

発リンクに価値があるなら検索エンジンはその発リンクを評価するはずです。「詳しくは自分で調べてください」と書いてあるページより、参考ページヘ発リンクしてあるページの方がユーザーにとって有益です。

現在において検索エンジンが発リンクをどのように評価しているのかは分かりません。しかし、発リンクが有益なのは間違いないのでSEOだけではなくユーザーの事を考えて積極的に発リンクを行いましょう。

発リンクが有益なのは情報提供型サイト

当サイトのように情報を提供するタイプのサイトは、関連ページヘ発リンクを行なうことで信頼性の向上が図れるので積極的に発リンクを行なうべきです。

しかし、日記のように自分の考えを書き残すタイプのサイトは、自分の考えを補強する必要は無いので発リンクは必要ありません。その他にアプリや写真素材などを提供するサイトもあえて発リンクをする必要はありません。

参考ページの紹介

発リンクの効果を説明している記事がいくつもあるので紹介します。このページの意見だけだと本当かな?と感じる人でも下の記事を読むと発リンクの重要性を実感できるでしょう。いずれも様々な切り口で発リンクの効果、有効性を説明しています。

魅力あるサイトなら、外部リンクを貼っても読者は戻ってきてくれますよ…という話。これからのSEO対策では、外部にリンクを貼らないほうが問題になる? – クレジットカードの読みもの

リンクジュースや情報(ノウハウ)は溜め込まずに早く解き放とう – パシのSEOブロ

発リンクも実はSEOに効果がある – SEOと広告とインターネッツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ