SEOを身に付けたいSEO初心者への助言

公開日:2013年9月29日

「がむしゃらにやれ」と言われればその一言で終ります。しかし、どんなことをすればよいのか、あらかじめポイントを知っておくと知識を身に付けやすくなります。

  • 実際にやってみる

SEOを巡る環境は常に変化しています。Googleに至っては、1年に実験も含めて数百回も検索アルゴリズムの更新を行っています。

ネット上の情報を鵜呑みしてはいけません。間違ったことを書いている場合もありますし、古くなって状況が変わっている場合もあります。

間違った情報に踊らされないためには、実際にやってみることが重要です。情報の真偽がハッキリしますし、あなたのケースでは当てはまらないことが分かる場合もあります。

やってみたら意図せず検索エンジンスパムと判定される場合もあります。メインサイトで行なうのではなく、実験用のサイトを用意しておき、まずはそちらで試すと良いでしょう。事件前にサイトデータのバックアップは必ずとっておきましょう。

自分で考えて実行することで知識は自分のものになります。それは、SEOでも同じです。検索すれば、大抵のことは知ることができます。

安易に人に聞く前に自分で調べるという姿勢は良いです。しかし、調べた情報は身についたでしょうか。苦労せず手に入れた情報は、案外すぐに忘れてしまうものです。

調べて終わるのではなく考えて実行しましょう。そこまでしてはじめてその情報は自分のものになります。

  • 1つずつ試す

新しいノウハウサイトを見つけたり、本を読むと知らない情報を一度に手に入れることができることがあります。

手に入れた情報をいっぺんに試すのはやめましょう。いつも、すべての情報が効果あるとは限りません。いっぺんに試すとどの情報が効果があるのかわからなくなります。

そのうちの1つだけを行えばさらに効果が出るのかもしれません。今後、いくつもサイト制作を行うのなら、1つずつ検証していくのが、将来の手間を省くことになります。

  • 記録をとる

どんなことを試し、どんな結果になったのか記録しておきましょう。どんなリンクをどこに張ったのか、試験前後の検索順位がどのように変化したのかといったことをです。

SEOの実験記録はたまに見返すことがあります。忘れやすい人間の記憶のみに頼るのは危険です。

記録絡みの話ですが、どんなものでも記録をとっておきましょう。HDDのバックアップは定期的に行いましょう。突然壊れてビックリさせられることがあります。

サイトデータのバックアップも重要です。たまに、サーバー会社のミスでレンタルサーバーのデータが消失する事故が起きます。自己防衛の心がけが大切です。WordPressならプラグインを追加することで、簡単に定期バックアップが行えるようになります。

サイトの更新作業の記録もとるようにしましょう。○月○日バックアッププラグインを入れた。×月×日index.phpを修正した。どこのソースを修正したかも記録しましょう。evernoteにドンドン貼り付ければ、日付入りで記録が残ります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ