良質なコンテンツを作ることが大前提

公開日:2013年9月27日
 最終更新日:2013年9月28日

SEOの記事を読むと「Contents is King(コンテンツ イズ キング)」という言葉をよく聞きます。上位表示させるためには、コンテンツが一番重要であるということです。

コンテンツとは、Webページの中身のことです。文章、写真、動画などがコンテンツに該当します。

当然ながらコンテンツがなければSEO対策はできません。そして、SEO対策と相乗効果を発揮するのが良質なコンテンツです。

判断はそれぞれのユーザーがする

どんなコンテンツが良質であるかは、それぞれのユーザーによって異なります。例えば、わかりやすいスマートフォンの使い方を解説するコンテンツを作っても、スマートフォンを買う気をない人には、評価されません。

毎日、たくさんのユーザーがたくさんの情報を探しています。ユーザーが求める情報を提供できれば、そのユーザーは良いコンテンツだと考えるでしょう。

単なる価格表でも、ユーザーがその情報を求めていて、そのサイトでしか知ることができないのならそれは良いコンテンツです。(同じ価格表がいろんなサイトにあるのならそれはスパムです)

ただ、単なる価格表を良いコンテンツだと考えてくれるユーザーはどのくらいいるのでしょうか。おそらく相当少ないでしょう。そして、少数ユーザーを相手にしても、たいした成果は上がらないと思います。

ロングテールSEOとして、価格表をサイトの1コンテンツと位置づけるのなら問題ありません。しかし、価格表のみのサイトを作るのは賢明ではないでしょう。

Googleが示す良質コンテンツ

ユーザーが「役に立つ!」と感じれば、それは良質なコンテンツです。しかし、良質なコンテンツというのは、具体的にどんなものなのでしょうか。

Googleは良質なサイトを作ることを推奨しており、項目立ててどんなものが良質なサイトなのかを具体的に示しています。

これらは検索アルゴリズムの背景としているものですから、実際にこれらの項目に沿ってサイトを作っていけば、良い評価が得られるのでしょう。是非、目を通しておきましょう。

良質なサイトを作るためのアドバイス | Google ウェブマスター向け公式ブログ

その中で、良質なサイトではなく、良質なコンテンツを作るために重要だと思う部分を紹介します。

  • このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?

ユーザーのニーズに答える独自性があり質の高いものが、良質なコンテンツであるとしています。コンテンツを作る時は、折に触れてこれらの項目を思い出したいものです。

初心者はテーマ選びから

初心者が良質なコンテンツを作るためには、テーマ選びが重要です。

良質なコンテンツを作るのには、手間と時間が掛かります。何も知らず興味もわかないテーマで良質なコンテンツを作るのはとても難しいです。

もちろん成果を上げることをモチベーションにして、成果を上げやすいテーマを選ぶのも良いと思います。しかし、これまでに成果を上げたことのない初心者の場合、実感が湧かないため、成果を上げるまで続けられず挫折する割合が大きくなります。

初心者が最初にサイトを作るときにオススメしたいテーマは、次の3点です。

  • 自分の仕事
  • 自分の趣味
  • 自分の興味

自分の仕事や趣味の場合、すでにそのテーマについてある程度の知識を持っています。仕事の場合は、それで給料をもらっているのですから、相当の知識を持っているはずです。

プロであるあなたにとっては、知ってて当たり前のことでも、それを知らない人はたくさんいます。それらのノウハウを公開すれば、良質なコンテンツを作ることができます。

趣味の場合は、今の段階で持っている知識ををコンテンツ作りのために調べることでことにより、さらに深めていくことができます。

興味のあるテーマの場合、知識を持ってなくても情熱を持って取り組むことで良質なコンテンツを作り上げることができます。なにしろ興味があるのですから長続きする可能性も高いです。

趣味をテーマにしたアフィリエイトサイト

アフィリエイトにオススメのテーマ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ