スパム

公開日:2013年9月8日
 最終更新日:2013年10月26日

スパムとは、検索結果で上位表示させるために行われる不正な行為のことです。検索エンジンは、スパムが検索結果の精度を低下させるものとして禁止しています。

検索エンジンは、スパムを見つけると、ペナルティとして検索順位の低下やインデックス削除といった対応を行います。

下で紹介するテクニックは、検索エンジンがスパムと示しているものです。いずれも検索結果の精度を低下させる行為です。

スパムの種類

  • 隠しリンクと隠しテキストの利用

白背景に白文字を使用する、フォントサイズを0にするといった行為のことです。

  • クローキングの実施

人間と検索エンジンのそれぞれに異なるコンテンツを表示させることです。

  • 誘導ページの制作

特定のサイトにユーザーを誘導するために作られた中身の薄いウェブページのことです。

  • 自動的に生成したコンテンツの使用

プログラムで生成したユーザーにとって意味のないコンテンツのことです。


Googleは、サイト制作のためのガイドラインを用意しています。どんな行為がスパムに該当するかを、このガイドラインで解説しています。

Googleガイドラインが禁止するスパム行為

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ