ulタグとolの使い方

公開日:2014年9月10日
 最終更新日:2014年9月11日

ulタグとolタグは箇条書きをするときに使うタグです。

ulタグは順不同リストで次のように表示されます。

  • Google
  • Yahoo!
  • Bing

こちらがソースです。

<ul>
  <li>Google</li>

  <li>Yahoo!</li>

  <li>Bing</li>
</ul>

olタグは番号付きリストです。次のように先頭に番号をつけて表示されます。

  1. Google
  2. Yahoo!
  3. Bing

こちらがソースです。

<ol>
  <li>Google </li>

  <li>Yahoo! </li>

  <li>Bing </li>
</ol>

検索エンジンに箇条書きであることを伝えるために使う

箇条書きは要点をまとめて理解しやすくするときに使います。これらのタグを使うことで検索エンジンに箇条書きを使っていることを伝えることができます。

検索エンジンは箇条書き=要点と判断して重視しています。箇条書きタグを使えば、箇条書きの中に含まれるキーワードはそのページの中で重みのあるキーワードであると検索エンジンにアピールすることができます。

こういったタグを使わなくても文言の前に”・”や”1.”をつければ箇条書きはできます。むしろそちらのほうが簡単です。ユーザーには見た目が変わらないので気が付かないでしょう。

しかし、箇条書きを使えば検索エンジンにページの内容をよりしっかり伝えることができSEO上の加点となるので、箇条書きを使うときはulタグとolタグを利用するようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ