rel=”nofollow” 属性の使い方

公開日:2014年2月25日
 最終更新日:2014年3月5日

下のように「rel=”nofollow” 」属性をアンカータグに入れると、検索エンジンのクローラはそのリンクをたどらなくなります。

<a href=”リンク先のURL” rel=nofollow>アンカーテキスト</a>

rel=”nofollow” 属性をつけるとリンク先のコンテンツは信頼していない、評価していないリンクであると宣言したことになり、リンクジュースの受け渡しやアンカーテキストによるキーワードの重ね付けが行われなくなります。

rel=”nofollow” 属性を使うケース

rel=”nofollow” 属性は次のようなケースで使います。

  1. 信頼できないコンテンツへのリンク
    注意喚起のために紹介するスパムサイトへのリンクやブログのコメント欄にユーザーが投稿したリンクなど
  2. 有料リンクや広告
    Googleは金銭でリンクジュースのやりとりを行う行為(有料リンク)は検索結果に影響を与えるとしてガイドラインで禁止しています。また、広告にもrel=”nofollow” 属性を付けるように定めています。
  3. クロールする必要のないページ
    クローラはサイトのログインページヘのリンクをたどる必要はありません。こういったページにrel=”nofollow” 属性を付けることでクローラはサイト内を効率的にクロールできるようになり、リソースを有効活用できます。

rel=”nofollow” 属性については、Googleのガイドラインでも説明しています。

rel=”nofollow”  – コンテンツに関するガイドライン

rel=”nofollow” 属性を確認する

Google Chromeの拡張機能NoFollowを導入すると下のようにrel=”nofollow” 属性が付いたリンクの周りに赤枠が表示されるようになり、nofollowの状況がひと目で分かるようになります。

・rel=”nofollow” 属性が付いている場合

nofollow001

・rel=”nofollow” 属性が付いていない場合

nofollow002

htmlソースを見れば、rel=”nofollow” 属性の有無は確認できますが、このような拡張機能を使ったほうが楽に確認できます。