サイトテーマをシッカリ決める

公開日:2013年10月16日

被リンクの獲得や良質なコンテンツ作りがSEOのポイントしてよく語られますが、それ以前に決める必要がある重要なポイントの1つに「サイトテーマ」があります。

サイトテーマをハッキリ決めずにサイトを作り始めたり、十分に練らなかったために途中でぶれ始めると検索エンジンは、何のサイトなのか判断できなくなります。これはユーザーにとっても同様です。

ユーザーが情報を探す場合に望むのは、その情報に関する専門サイトです。専門サイトならユーザーは信頼を寄せますが、いろんなテーマを雑多に扱うサイトの場合、その信頼性は一段落ちます。

特定のテーマについて同じような記事を、そのテーマを専門的に扱うサイトと色々なテーマを扱うサイトが書いた場合、検索エンジンは前者のサイトの記事を評価します。

Googleの「良質なコンテンツを作るためのアドバイス」でも、信頼性について触れています。

「良いサイトを作るには」グーグルからの23個のアドバイス

サイトテーマを決める手順

サイトを作る意図を突き詰める

何かをしたいからサイトを作るはずです。サイトを作る意図には次のようなものがあります。

  • 自分の趣味をほかの人と共有したい
  • 出来事に対する自分の意見を主張したい
  • 日記をつけたい
  • ネットショップを開きたい
  • 情報を提供してアフィリエイトで稼ぎたい

まず、サイトを作る意図を突き詰めましょう。これは、どんなコンテンツが必要なのかを把握するきっかけになります。

サイトテーマを絞り込む

具体的に何を扱うのかを決めます。ここであれもこれもと欲張るとなんでも扱う雑多なサイトになってしまいます。いろいろなテーマを扱いたいのなら、それぞれを分けて複数のサイトを作るのが良いでしょう。

テーマの範囲を広げるとそれに応じてサイトのボリュームも大きくしなければいけません。

下の例で1のゲームについてのサイトを作る場合、相当のサイトボリュームがないと評価を得られないでしょう。下に行くほど評価を得るために必要なサイトボリュームは少なくなります。

  1. ゲームのサイト
  2. ゲームソフトのサイト
  3. A社のゲームソフトのサイト
  4. A社のBというゲームソフトのサイト

また、サイトテーマを絞り込むほど、専門性が高まり、ユーザーや検索エンジンに何のサイトなのかを伝えやすくなります。

ユーザーの興味を引くサイトタイトルをつける

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ