アフィリエイトサイトにSEO対策は必要?

公開日:2013年9月15日
 最終更新日:2013年10月26日

SEO対策は、検索エンジンにサイトの情報をシッカリと伝えるために行うものですから、当然、アフィリエイトサイトでも必要です。シッカリとSEO対策を行うほど、上位表示が望めます。

SEO対策には、hxタグやアンカーテキストなどの内部対策、ソーシャルメディアや被リンクなどの外部対策など様々な項目があります。どういったものがあるのかを本サイトで解説しています。

なるほどSEO – 初心者のためのSEO対策入門サイト

ポイントとなるSEO対策には、次のようなものがあります。

ロングテールSEO

検索回数の多いビックキーワードで上位表示できれば、大きな収入を得ることができます。しかし、競争が激しいのでそう簡単に実現できません。

ビックキーワードでアクセスを増やすのではなく、無数のスモールキーワードをターゲットにして、サイト全体のアクセスを増やすロングテールSEOという方法の採用を考えてみても良いでしょう。

ロングテールSEOは、高度なSEO対策を必要としませんが、時間と労力を必要とします。たくさんのキーワードを記事に含めるため、多くの記事を用意する必要があるためです。

ロングテールSEOは初心者でもできるSEO

関連テーマのサイトでリンクを張る

リンクは、検索エンジンのサイト評価に大きな影響を与えます。

最も評価の高いリンクは、コンテンツを評価して人に紹介するために付けられるナチュラルリンクです。数種類のリンクの中でも、もらうまでの難易度が高いため、評価も高くなっています。

エンタメ系の面白ネタならブログやTwitterで積極的に紹介されるので、ナチュラルリンクがつきやすい傾向にあります。

しかし、アフィリエイトサイトの場合、ナチュラルリンクがつきにくいジャンルもあります。例えば、コンプレックス系の身体の悩みの場合、サイトの情報が役に立っても積極的に他の人に紹介する人はあまりいないでしょう。

こういう場合は、関連するテーマのサイトを複数立ち上げ、それらのサイト間でリンクを行うと良いでしょう。

関連記事の間で結ばれるリンクは、ユーザーの利便性を高めるものなので、検索エンジンに評価されます。

効果的な被リンク対策:関連テーマのウェブサイト同士でリンクする

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ