昔と今のSEO

公開日:2013年12月13日
 最終更新日:2013年12月13日

SEOに関する状況は変化を続けています。2000年代前半と現在を比べると次のような点での変化があります。総じてSEOはやりやすくなっています。

検索アルゴリズムの進化

検索エンジンの精度は年々向上しています。これは検索エンジンのユーザーとしても実感できます。以前は中身の無いサイトが上位表示されることもよくありましたが、今ではほとんど見ることがありません。

スパムを行っている多くのサイトがペンギンアップデートやパンダアップデートにより順位を下げました。今後も精度は上がっていくでしょう。

検索アルゴリズムの進化は、内部SEOに大きな影響を及ぼしています。以前は神経を使って行っていたHTMLの調整などはほとんど気にする必要はなくなりました。現在でも重要なのは、内部リンクや見出しダグくらいです。

情報の拡散経路が増えた

以前は、検索エンジンの他に情報が拡散する手段がありませんでした。上位表示されないと気づかれないので、コンテンツをアピールするのが難しかったです。

現在のコンテンツの存在を伝える手段には、検索エンジンの他にTwitterやFacebookなどのSNS、はてブなどのSBM、RSSなどがあります。コンテンツがさまざまな経路で拡散されることにより、多くの人に知ってもらえるようになりました。

検索エンジンの進化により良質なコンテンツが上位表示されやすくなり、情報の拡散経路が増えたのがSEOがやりやすくなった理由です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ