PDCAサイクルをサイト改善に利用する

公開日:2013年10月21日

PDCAサイクルとは、事業を継続的に効率よく行なうための手順のことです。この手順はPlan(計画)、Do(実施)、Check(評価)、Act(改善)の4つから成り立っており、順番に行なうことで品質の向上が期待できます。

このPDCAサイクルをロングテールSEOに適用することで、より成果の上がるサイトを作ることができます。

SEOの場合のPDCAサイクル

最初にひと通りコンテンツを作った後は、分析を行いサイトの改善を行いましょう。具体的な手順は次のようなものです。

  1. Plan(計画):キーワード選定
  2. Do(実施):コンテンツ作成
  3. Check(評価):アクセス解析
  4. Act(改善):コンテンツ修正

Plan:キーワード選定

キーワードの選定は、キーワードツールや質問サイト、ライバルサイトなどを使って行います。この時に重視すべき点は、成果に結びつくキーワードを考えることです。

キーワードの選定方法は、下の記事で解説しています。

キーワード選定で考えること

キーワードプランナーでキーワードの需要を確認する

いろいろな視点からキーワードを見つける

Do:コンテンツ作成

選定したキーワードをもとに、コンテンツの作成にとりかかります。そのキーワードを入力するユーザーが何を求めているのかを想像し、その情報を提供できるコンテンツを作ることを意識しましょう。

アフィリエイトサイトで商品を紹介する時の注意点

タイトルつけも重要です。キーワードを含め、ユーザーの目にとまるようなものにしましょう。

ページタイトルのつけ方 – 内容がユーザーに伝わるものにしよう

わかりやすいページタイトルをつける

Check:アクセス解析

作成したコンテンツがユーザーの役に立っているのかを、アクセス解析ソフトで確認します。アクセス解析はGoogle Analyticsが便利です。

どんなキーワードでどんなページにアクセスしているかを調べます。ユーザーはいろいろなキーワードでアクセスしてきます。

Act:コンテンツ修正

アクセス解析のデータをもとにコンテンツをより良いものにしていきます。

アクセスのあるキーワードとコンテンツの内容が違う場合は、内容を修正するか、対応するコンテンツを新しく作りましょう。

よりよい強力なサイトを目指す

更新の止まったサイトは情報が古くなるので、他のたくさんのサイトの中に埋もれてしまいます。

サイトを作ったらほったらかしではなく、このPDCAサイクルを継続させてより内容の充実したサイトを作っていきましょう。手間をかければかけるほど立派なサイトになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ