SEOに必要な7つの心構え

公開日:2013年10月21日
 最終更新日:2014年1月25日

SEOは簡単ではないというのが、勉強して感じたことです。SEOに取り組むのに必要な心構えをまとめました。

7つの心構え

  1. SEOは手間と時間がかかる
  2. 検索エンジンの変化に対応する
  3. SEOにはたくさんのやり方がある
  4. 実践する
  5. 問題点を見つけ修正する
  6. 外注して効率を上げる
  7. あきらめて切り替えることも

1.SEOは手間と時間がかかる

昔はどんなサイトでもリンクを張れば上位表示できたようですが、今は違います。検索アルゴリズムの進化により、上位表示するためには以前よりもシッカリした対応が必要になってきています。

外部SEOでは、SNSを利用したナチュラルリンクの獲得や関連テーマを立ち上げて自作自演リンクを張るなどの対策が必要です。

内部SEOでは、コンテンツを作りこみ、価値のあるサイトを作ることが大前提となります。

これらの対策には手間と時間がかかります。

2.検索エンジンの変化に対応する

検索エンジンは頻繁にアップデートを行なっています。それにともなって効果を発揮するSEOの手法も変わって行きます。この変化に柔軟に対応しないと取り残されてしまいます。

特に検索エンジンのWebスパムを検出する能力の向上には、眼を見張るものがあります。これまで効果のあったSEOがペンギンアップデートに捕捉され、ペナルティを受けるといったこともありました。

3.SEOにはたくさんのやり方がある

ロングテールSEO、サイト量産、Webスパムなど、SEOにはたくさんのやり方があります。どんなやり方があるのかを把握し、自分に合ったやり方を見つけていかなくてはなりません。

ジャンルやターゲットキーワードによって効果的なSEOは異なります。過去の経験から効果的なSEOを確立した気になっても、他の場合でもそのSEOが効果的とは限りません。

4.実践する

検索順位が上がらずSEOの効果が実感できないことがあります。そんな時でもあきらめずに作業を続けましょう。SEOが効果を発揮するのには時間がかかるケースもあります。

上位表示できない原因を探る

作業を続けるというのは重要な事です。ネット上にはたくさんの情報があります。それらを読んだだけで満足しがちですが、それだけでは知識は身についていません。実際にやってみることで知識を身につけることができます。

5.問題点を見つけ修正する

順位を眺めていてもなんにもなりません。順位を眺めるくらいならアクセス解析を分析しましょう。(アクセス解析はサイト運営の必須事項

アクセス解析を利用すれば問題点を見つけることができます。十分に集客ができているか、どんなキーワードが貢献しているか、テコ入れすべきキーワードはどれか。問題点を修正することもSEOです。

Google Analyticsでサイト改善を行なう

6.外注して効率を上げる

サイトデザイン、記事などやることはたくさんあります。全てを自分でやろうとせず、一部を外注するやり方もあります。

他の力を借りる事で効率を2倍、3倍にすることができます。

7.あきらめて切り替えることも

作業を進めていくうちに、何か違うと思うこともあります。

  • ライバルサイトが思いのほか手ごわい
  • 報酬単価を重視してサイトテーマを選んだが、興味が無いので作業が進まない
  • ペナルティを受けたので対策しているが解除されない

粘り強く取り組むことは重要ですが、あきらめて新しいことに取り組むことで道が開ける場合もあります。

このへんの見極めはとても難しく一概にどうしろとは言えません。事例を探す、助言を乞う、思い悩むなど決断するために精一杯あがきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ