Google Analyticsの使い方

公開日:2014年3月28日
 最終更新日:2014年3月28日

このページではGoogle Analyticsの基本的な説明や便利な使い方について解説します。まだ、Google Analyticsを導入していない人はこちらのページを参考に導入しましょう。

Google Analyticsを導入する

基本事項

Google Analyticsの基本的なところから紹介します。まず、何のためにGoogle Analyticsを利用してアクセス解析を行なうのか知りましょう。

アクセス解析はサイト運営の必須事項

アクセス解析で考えておくこと

Google Analyticsによく登場する聞きなれない用語を一覧にまとめて説明しています。

Google Analyticsの用語一覧

Google Analyticsを導入したままの状態だと、自分のサイトへのアクセスもカウントしてしまいます。自分のアクセスを除外する設定を行いましょう。

自分のアクセスを除外する

Google Analyticsではさまざまなデータが見れますが、全てのデータが必要となるわけではありません。自分の見たいデータのみを手早く表示させる方法を取り入れると便利です。

マイレポートでデータをまとめる

カスタムレポートでオリジナルなレポートを作る

アクセス解析の方法

基本的なアクセス解析の指標には、アクセス数、ページビュー数、リピーターの割合、滞在時間などがあります。これらを確認することでサイトの規模や質を調査することができます。

サイトの規模を調べる(ユーザー数、訪問数など)

サイトの質を調べる(リピーターの割合やページビュー、滞在時間)

キーワードはユーザーの関心を表します。ユーザーがどんなキーワードでサイトにアクセスしているのかを知りましょう。予想外のキーワードでサイトにアクセスがあることも往々にしてあります。

検索キーワードでユーザーの関心を把握する

ユーザーがどこを経由してサイトにアクセスしているのかを把握することも基本的なアクセス解析の1つです。

ユーザーがどこから訪問したのか解析する

Google Analyticsを使えばユーザーがサイト内をどのように移動したのかもわかります。自分の設定したとおりにユーザーを誘導できているのかが確認できます。

ユーザーの行動を調査する

アクセス解析結果からサイト改善を行なう

Google Analyticsはサイトをよい良いものにするためのツールです。アクセスデータを眺めるだけではなく、解析結果からサイト改善のポイントを見つけ出しましょう。


下のサイトでは上で紹介した他にもGoogle Analyticsのトピックスを紹介しています。Google Analyticsを使いこなす一助になると思います。

なるほどGoogleアナリティクス – 初心者向けに使い方を解説

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ