SEOに取り組むときに必要な5つの姿勢

公開日:2014年1月24日
 最終更新日:2014年1月24日

何事も漠然と取り組むより意識を高めてから取り組むほうが効果は出やすくなります。このことは当然SEOにも当てはまります。今回はSEOに取り組むときに必要な姿勢を紹介します。

色々なジャンル、規模のキーワードで試す

キーワードのジャンル、規模によってSEOの効果は異なります。スモールキーワードなら簡単に上位表示できた対策でもミドルキーワードになると難易度が上がるためあまり効果が見られないことがよくあります。

また、同規模のキーワードでもジャンルが違うと効果を上げる対策が異なることがあります。色々なキーワードでSEOを行なうことで、このようなことが肌感覚で分かるようになります。

一度にたくさん試さない

初めての対策を一度に取り入れるのはオススメしません。一度に実施するとどの対策がどの程度の効果を発揮したのかを判別できないからです。

例えば、3つの対策を実践して順位が10位から3位に上がったとします。そのうち2つの対策は効果があり、1つは順位を下げる逆効果がある場合、効果のある2つだけを実践すればさらに順位が上がって1位になるかもしれません。

しかし、3つ同時に対策を行ったため、どれが本当に効果のある対策なのかが判断できません。初めての対策は1つずつ試してみて、効果を確認しましょう。

記録を残す

記憶は必ず薄れていきます。どのようなSEOを実践してどんな結果が得られたのかをシッカリと記録に残しましょう。

  • いつどのサイトにどのような対策を行ったのか
  • 対策前後の順位

サイトデータやパスワードなども定期的にバックアップをとっておきましょう。1つのサービスに頼り切るのは危険です。

ファーストサーバ障害、深刻化する大規模「データ消失」

Dropboxのサービスに障害が発生!

鵜呑みにしない

どんな権威者でも間違った情報を発信することはあり得ます。情報を鵜呑みにせず、複数の情報源で照らし合わせる、自分で実践して効果を確かめるなどの対応をとりましょう。

検索結果では古く効果の無くなった情報が上位に表示されていることもあります。上位に表示されているから効果があるということではありません。

いろんなことに挑戦する

取り組んだだけ経験値は上がります。とにかくやってみましょう。身に付けた知識を試してみてこそスキルは向上します。

やってみたい取り組みがあるけどサイトに悪影響を与えるのが怖いという場合は、実験用サイトで試してみるとよいでしょう。良い結果が得られたら他のサイトにその対策を導入すればよいのです。

挑戦する姿勢は常に持ち続けましょう。検索アルゴリズムは変化し続けています。効果のある対策が今後も効果的であるとは限りません。挑戦を続けていけば、効果が無くなったことに気がつくことができます。また、あたらしく効果のある対策を見つけることができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ