視点を変えてSEOを見つめなおす

公開日:2013年11月22日
 最終更新日:2013年12月7日

SEOが効果を発揮せずサイトの評価が上向かない場合、視点を変えてSEOを見つめなおすことをオススメします。新たな視点で見つめなおすと良い対策が思い浮かぶことが往々にしてあります。

また、順調な場合でも現状より良くなる可能性があるので、定期的に別の視点でSEOについて考えると良いでしょう。常に改善しようとする姿勢がより多くの評価を得ることにつながります。

5つの視点

サイトを改善する場合、次のような視線で見なおしてみると良いでしょう。

わかりやすい数値目標を持つ

サイト内の回遊性を高めて直帰率を5%下げる、クリック率を1%高めるために工夫するといった具体的な数値を掲げて、その数値を満足するための対策を練りましょう。

わかりやすい数値は目標がはっきりするというメリットがあり、対策が取りやすくなります。少しずつ数字を上げていき継続的に改善に取り組みましょう。

ユーザーの立場で考える

ユーザーの立場で自分のサイトを利用し、ユーザーに満足してもらえるサイトであるか確認してみましょう。リンク切れなど使い勝手の悪い状況になっていないか、ユーザーが求める情報を提供できているかなど問題点が無いか確認しましょう。

ライバルサイトを分析する

ライバルサイトを徹底的に分析しましょう。自分の持っていない考えをライバルサイトは取り入れている可能性があります。その考えを取り入れてさらに発展させることでライバルサイトより高い評価を得ることができます。

長期的な視点で見る

行った改善策は、すぐに順位に反映されるわけではありません。特にナチュラルリンクの獲得を目指した対策の場合、急激に増えるわけではなく時間とともに増加していくので評価が向上したのかどうかがすぐにはわかりません。

対策を行ってもすぐに評価が変わらないことに落胆しないようにしましょう。評価されるのには時間が掛かることを肝に銘じて、最低、数ヶ月のスパンで判断するようにしましょう。

基礎力を底上げする

順位向上につながる被リンク対策などわかりやすい対策のほかに、あなたの基礎力を上げるような地道な取り組みも行なうようにしましょう。

例えば、文章術の本を読み、より分かりやすい文章を書くようにする。その他にマーケティング関係のビジネス書を読み、サイト運営につながるポイントを見つけるなど。

あなたの基礎力が上がれば、それに比例してサイトの質も向上します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ