過去の記事の手を入れて価値を高める

公開日:2013年9月22日
 最終更新日:2013年10月26日

記事を投稿したら、その記事のことは忘れてしまうというのは少しもったいないです。

過去の記事に下で紹介するような手を加えることで、ユーザーの利便性を高め、サイトの評価をさらに上げることができます。

過去の記事から最新情報へのリンクを張る

ユーザーが検索エンジンで情報を探す際、一発で最新情報を見つけられるわけではありません。過去の記事がランディングページになることもあります。

たどり着いた過去の記事の情報が古い場合、ユーザーの役に立てません。過去の記事にたどり着いたユーザーのために、過去の記事に最新情報へのリンクを張りましょう。

今書いている記事の関連情報として、過去の記事を紹介することはよくありますが、それの逆バージョンです。

WordPressの場合、関連記事を表示するプラグインがありますが、記事の中で提示される記事のほうが、より関連性の高い記事であることをユーザーに示すことができます。

内部リンクでSEO効果を発揮させる

過去の記事をまとめる

ブログ形式で記事を投稿していくと、過去の記事は埋もれてしまいます。それぞれのカテゴリの記事がある程度溜まってきたら、カテゴリ毎に記事のまとめページを作りましょう。

NAVERまとめや2chまとめブログなどが重宝されているのは、情報を見やすく整理されており、ユーザーが情報を手に入れる手間を省けるからです。

カテゴリのまとめページがあれば、ユーザーはそのカテゴリの情報を取り出しやすくなります。また、サイト内のどんなカテゴリがあるかをまとめたページがあると、ユーザーにサイトの全体像を伝えられるため効果的です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ