コンテンツを再チェックして質を高める

公開日:2013年9月21日
 最終更新日:2013年9月21日

コンテンツは、サイトの評価に影響します。コンテンツが原因で上位表示できていない可能性もあります。

ユーザーに情報を伝えられる文章量か

検索エンジンは、実際にコンテンツを読んでいるわけではありませんが、含まれるキーワードや共起語注1で内容を判断し評価を下しています。

極端に文章量が少ない場合、キーワード量が不足し検索エンジンが内容の判断ができないため、評価が上がっていない可能性もあります。

初心者が抱きがちな質問に、「どのくらいの量の文章を書けばよいのか」という質問がありますが、特に決まりはありません。

ユーザーに伝えたいことを十分に伝えられるだけの文章を書くことが重要なポイントとなります。あまりに文章量が少ない場合、ユーザーにシッカリ伝えられないかもしれません。

キーワードを多く含めるために、いたずらに文章量を増やすのはやめておきましょう。内容が薄くなり、ユーザーが読むのに疲れてしまいます。

注1) 共起語とは、あるキーワードが使われる際に、よく使われるキーワードのことです。例えば、「パソコン」の共起語には、「Windows」、「マウス」などがあります。

コンテンツを読み返す

以前、書いたコンテンツを読みなおすことは、コンテンツの質を高める重要なポイントです。再チェックのよるメリットには、次のようなものがあります。

  • 最新情報を追加できる

時間が過ぎれば、情報の鮮度は落ちていきます。古い情報のコンテンツに新しい情報を追記することで、その記事の価値を維持することができます。これはユーザーにサイト管理をシッカリしているとアピールすることにもなります。

また、古い情報のコンテンツに新しい情報へのリンクを張ることも効果的です。

  • 誤字脱字を見つけやすくなる

誤字脱字を完璧に無くすことはなかなかできません。コンテンツを書いた時の感覚を忘れて、頭の中がリセットされた状態でコンテンツを読み返すと、意外とよく見つけることができます。

  • 読みやすさの確認

コンテンツを書けば書くほど、文章力は上がっていきます。以前書いた文章を久しぶりに見直すと、拙さを感じることもあるでしょう。文章力が向上した状態で書きなおすことにより、よりよいコンテンツになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ