SEO対策は効果検証が重要

公開日:2013年9月20日
 最終更新日:2013年10月26日

内部SEOや外部SEOといった様々なSEO対策を行うことで、検索結果で上位表示される可能性が高まっていきます。

しかし、検索アルゴリズムは日々進化しています。現在、効果があるとされているSEO対策も、そのうち効果を失うかもしれません。また、間違った情報をもとにSEO対策を行えば、ペナルティを受けて検索順位が下落する可能性もあります。

SEO対策を行ったら、必ず効果検証が必要です。

また、検索順位が上がれば良いというわけでは無く、設定した目的を達成できたかを確認する必要があります。

例えば、アフィリエイトサイトの場合、成果が重要ですから検索順位が上がった結果、成果が増えたのかどうかまで踏み込んで効果検証を行う必要があります。

効果検証の方法

SEO対策を行った後のおおまかな効果検証の方法を、次に示します。ただ、検索順位は一日二日で変化するものではありません。じっくりと腰を据えて効果検証を行いましょう。

1.検索順位が上がらない場合

  • 内部SEOの再確認

検索順位が上がらない場合、内部リンクやタイトルなどの内部SEOの状況を確認しましょう。サイト構成に問題があるため、検索エンジンにサイトの価値を十分に伝えられていない可能性があります。

内部SEOで重要なポイント

また、中身の薄い記事が多い場合、検索エンジンの評価は得られません。コンテンツを見直して、中身の濃い記事を揃えるようにしましょう。

コンテンツを再チェックして質を高める

  • 外部SEOの再確認

被リンクやインデックス数は、サイトの評価に大きく影響します。ライバルサイトの状況を確認し、それを上回るSEO対策が必要です。無料SEOツールを使って、ライバルサイトと自分のサイトを比較してみましょう。

ライバルサイトと自分のサイトを比較する

2.検索順位は上がったが成果が増えない

  • キーワード選定に失敗した

キーワード選定を間違えて、需要のないキーワードを選んでしまった場合、こういったことが考えられます。再度、需要のあるキーワードを調べ、サイト内のアンカーテキストのキーワードを修正するなどの対応が必要です。

いろいろな視点からキーワードを見つける

  • 使いにくいサイト

その他に、ユーザビリティに配慮していないサイトの場合もこういった現象が起こります。

キーワード選定や被リンク対策などをシッカリ行っていれば、検索エンジンからの評価は高くなり上位表示されます。

しかし、使いにくいサイトのため、ユーザーがどこから商品を購入していいかわからずあきらめてしまうのです。ライバルサイトを参考にサイトの改善を行いましょう。

世の中にはすごいサイトがまだまだ存在するようです。特に某薬局・・・

ひどいデザインのホームページを教えてください。

3.検索順位も上がり成果も増えた

大成功です。経過を見守りましょう。さらに成果を増やすために新たなSEO対策を行なうのも良いでしょう。

ただ、強力なライバルサイトが登場したり、検索アルゴリズムが更新にされた場合、今より順位が落ちることがあります。完成したサイトを放置するのではなく適切にメンテナンスを行いましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ